出展者情報

S-5

株式会社栗田製作所

表面改質展
求む! 機械摺動を求める機器製造分野、自動車分野だけでなく加工性能、効率性を求める加工分野の事業企業
異次元の滑りと耐摩耗性をあらゆる形状のものに展開できます。

出展分野

その他表面処理関連

出展内容

カーボン膜(ダイヤモンドライクカーボン膜)による表面改質

プラズマイオン注入技術によって生成されるDLC膜(カーボン膜、ダイヤモンドライクカーボン膜)は「高硬度、低摩擦、低磨耗」、「高潤滑性」、「高磨耗性」、「耐食性」の性質を備えております。この特性を基づき機械摺動を要求される分野やトライボロジーや耐磨耗性を要求する自動車分野、金型分野、各種摺動分野に適用させることで、より機能性の向上、加工性の向上をもたらし省エネルギーやこれまで必要とされていた油脂類の使用量の低減等、環境にも貢献できるものである。プラズマイオン注入成膜法は、従来の技法では成膜困難であった複雑形状物への成膜や絶縁物や温度変化に弱い基材への成膜を可能とし、基材、部品等の表面に強固で密着性の良い膜を容易に形成させるところにある。従来の表面改質の対象としてきた分野に加え新たな分野を創造・開拓できる。

New! 新製品

出展者情報

株式会社栗田製作所は省エネルギー、環境保全、環境改善、新素材創成のテーマをもとに、リスクをリスクと感じない社風をもった技術集団であり各種電気機器装置の開発を行っている。「他にないものを」という観点により、他社とは一線を画して、DLC膜(ダイヤモンドライクカーボン膜)の生成、水中プラズマでの殺菌、有害物資の分解装置の開発等、さまざまな方面に向けて開発を継続している。ひとの感性を生かしたものづくり・技能ネットワークで新ビジネスを (部品、加工、機械、ロボット、宇宙・航空など)
弊社は省エネルギー、環境保全、環境改善、新素材創成のテーマをもとに各種電気機器装置の開発を行っている。表面改質においては、大面積・大型部品が成膜可能なことから他社とは一線を画して展開している。今回は、このプラズマ発生技術を用いた、表面処理技術(PBBID技法…プラズマイオン注入技法)を主に一部し環境改善にも利用できる液中プラズマ発生用電源を紹介します。プラズマイオン注入技術によって生成されるDLC膜(カーボン膜、ダイヤモンドライクカーボン膜)は「高硬度、低摩擦、低磨耗」、「高潤滑性」、「高磨耗性」、「耐食性」の性質を備えております。この特性を基づき機械摺動を要求される分野やトライボロジーや耐磨耗性を要求する自動車分野、金型分野、各種摺動分野に適用させることで、より機能性の向上、加工性の向上をもたらし省エネルギーやこれまで必要とされていた油脂類の使用量の低減等、環境にも貢献できるものである。また液中プラズマ発生用では、通常では困難な液体中でプラズマを容易に発生させる機能を持っており、液体中の物質の分解や合成に利用できる。例としては工業廃液に含まれる有害物質の分解やナノ粒子の合成も可能である。



住所 〒610-0221 京都府綴喜郡宇治田原町大字湯屋谷西塔ヶ谷1-33 
部署名 営業部
TEL 0774-88-4811
URL http://pekuris.co.jp
メールアドレス m-sugihara@pekuris.co.jp
共同出展者