出展者情報

S-47

株式会社ケミカル山本

表面改質展
求む! 産業機械。金属部品。精密機器。半導体製造装置。医療器具。真空機器。食品加工機器。 銀食器・飾り・アクセサリーなどの製造メーカー並びにそのユーザー様。
ステンレス鋼の耐塩素孔食性の飛躍的向上や応力腐食割れ防止に特効のあるウルトラ不動態化処理 方法

出展分野

熱処理・表面改質関連

出展内容

ステンレス鋼の中性塩電解法による表面改質処理システム

見所は、①廉価で小型ながら万能型の新電源器“スーパーシャイナーUni2plus”、②人気絶頂の普及型新電源器“スーパーシャイナーRplus ”(①、②ともに100V&200V兼用)③塩分に弱いステンレス鋼の耐塩素孔食性の飛躍的向上や応力腐食割れ防止に特効があり、ステンレス製のプラントや機器類のメンテナンス(延命治療)に持って来いの『ウルトラ不動態化処理方法』④マルテンサイト系ステンレス鋼
の電解研磨を可能にした電解研磨液の革命児“ピカ素SUSシャインM”⑤ステンレス鋼の不動態皮膜の有無や良否の判定が出来るので、ステンレス製プラントや機器類の健康診断に威力を発揮する新製品“NEWステンチェッカープロ”⑥ステンレス、鉄、銅、アルミ、銀のさび、汚れ取り洗浄剤です。

New! 新製品実演あり

出展者情報

“ステンレスにより耐食性(つよさ)と輝きを”をモットーに、ステンレス表面の溶接焼けやさび・汚れを、従来のような毒劇物を使用することなく、環境に優しく安全無害な薬液を用いる電解方式により取り除くための新製品を開発し続け、遂にはステンレス鋼の宿命的欠点とも言うべき、耐塩素孔食性の飛躍的向上や応力腐食割れ(SCC)防止に特効のある『ウルトラ不動態化』という表面改質法を実用化した、少数精鋭の研究開発型企業。
平成26年度~27年度には、産業技術総合研究所と広島工業大学の協力を得てサポイン研究を実施し、『ウルトラ不動態化』 による耐食性向上のメカニズムを明らかにした。また研究成果をステンレス製プラントや機器類の健康診断と、『ウルトラ不動態化処理』によるSCC防止などの延命法として普及をはかるべくPR中で、同時に自社でも工事を受託する新事業へと展開中。
サポイン研究では、SUS304 2B材に『ウルトラ不動態化処理』を施すことにより、応力腐食割れ試験(U字曲げ試験。B法)と沖縄における2年間の屋外曝露試験のいずれにおいてもSUS316 2B材を上回る結果が得られた。
実用事例としては塩分濃度約5%、温度90~120℃という過酷なふ食条件下の麺つゆ殺菌機において、約5時間で腐食が発生していたSUS316L材が、『ウルトラ不動態化処理』によって4年半経過後も健全で、著しい耐食性の向上が実証されている。



住所 〒738-0039 広島県廿日市市宮内工業団地1-10 
部署名 営業支援室
TEL 0829-30-0820
URL http://www.chemical-y.co.jp
メールアドレス h@chemical-y.co.jp
共同出展者